自然から生まれる成分

ドライフルーツ

野菜や果物には色がついていますが、その色素の成分となっているものにアントシアニンがあります。アントシアニンを含んでいる植物は、ぶどうやいちご、ブルーベリーなどよく知られているものが多く、普通の食事をしていると必ず摂取しています。 ところが、アントシアニンの研究が進んで、その生物への影響を調べていた研究グループが、アントシアニンには抗酸化作用があるという報告を発表するに及んで、一躍注目を集めました。 その後、アントシアニンには、眼精疲労の軽減やメタボリックシンドロームの予防など健康効果があるということが言われるようになりました。当然の成行として、アントシアニンを成分とするサプリメントが開発、販売されるようになって、今では利用している人も大勢います。

アントシアニンは、植物の色素に含まれている成分ですが、この色素は、有害な紫外線などから植物自身を守るためにあるそうです。特に、太陽の光の当たる部分に多く存在しています。色はナスの皮を思い起こしてもらうとわかりやすいでしょう。あのような濃い青紫色をした色素部分に多くあります。 アントシアニンは、サプリメントに使われる以外にも、食品の着色料にも利用されています。着色料といいますと人工のものが多いのですが、アントシアニンのような天然のもの使われいるのには、いくぶん安心感があります。 なお、日本では薬として認められていませんが、欧米ではアントシアニンが薬として認められて、実際の治療に使われている例もあるそうです。

Copyright © 2015 目の疲労を改善する成分{これではっきり見えるぞ}. All Rights Reserved.